我が社の目的、それは“旅行”というフィールドで社員全員が毎日楽しく生き生きと働ける場を提供すること。つまりは社員満足度120%! お客様を喜ばすことが社員の喜びに繋がる。 九州一親切な旅行会社を目指してブループラネットツアーは邁進し続けます。 生きること・仕事をすることの目的は“成長すること”と僕らは考えます。 価値観の合う仲間をたくさん増やして、ワイワイガヤガヤと旅行業界全体を巻き込む!

スポンサーサイト

  

Posted by スポンサー広告 at

2007年08月07日

感動力と、宣言すること

平野秀典さんの感動力という単行本を読んでます。


「感動」という言葉をビジネスのキーワードにするのは今の流行(はやり)のようで、基本的に天の邪鬼
B型の僕としては流行に踊らされてるようでいやなのですが、書いてある事は素直にうなずけます。

こころの奥にしまっていたものを「そうそう!それなんだよ!」と思い出させてくれます。


  感動とは探すものでも発見するものでもなく、思い出すもの
  (感動力 P38より)

(余談ですが素晴らしい本を読んでいつも思うのは、「文章」ってのは本当に凄いってこと。
映像や音や匂いなどを総動員して訴えるのでなく、ただ単にそこに並べられてる「文字」を
読むだけで、時には勇気を与えてくれ、時には涙を流させ、時には恐怖に震えさせる。
上手な文章が書ければある意味なんでも手に入ると 僕は本気で思います)


さらに僕のこころに響いたことば。

  ものをつくる仕事には3つの段階がある。

  自分のためにつくる段階(これは一人称)。
  大切な人(身内や恋人、親友)のためにつくる段階(これが二人称)。
  不特定多数の人に向けてつくる段階(これは三人称)。

  三人称よりも一人称、一人称よりも二人称のほうが、つくり手の「思い」がこもり、
  創造のレベルは高まる。

  (感動力 P152~153より)


我が意を得たり!!!

僕も我が社のホームページに高々と謳ってます。

  情報はデジタルで、手配は超アナログで丁寧に。
  安心して航空券が買える 親身になって旅の相談に乗って貰える
  あなたの身内 あなたの親友 あなたの親戚のような旅行会社を
  私達サミット福岡は目指します。

  

まずは宣言。
こういう人間になると決める。こういう会社になると決める。

言ったからには口だけにならないよう、周りから笑われないよう、日々精進あるのみ!

今日もまた生きるぞ!  


Posted by 平良 卓司 at 11:13Comments(2)本のご紹介