我が社の目的、それは“旅行”というフィールドで社員全員が毎日楽しく生き生きと働ける場を提供すること。つまりは社員満足度120%! お客様を喜ばすことが社員の喜びに繋がる。 九州一親切な旅行会社を目指してブループラネットツアーは邁進し続けます。 生きること・仕事をすることの目的は“成長すること”と僕らは考えます。 価値観の合う仲間をたくさん増やして、ワイワイガヤガヤと旅行業界全体を巻き込む!

  

Posted by at

2007年10月22日

参加する理由がない

友人の社長のブログで貴重な気づきをいただいたので、抜粋してご紹介。

   人はなぜモノを買うのか。

   それは単純に 「欲しいか、欲しくないか」 「必要か、必要でないか。」
   これが、一番である。

   そして、モノを買わないのは、買わない理由があるのではなく、
   「買う理由がない。」から。

   あるクリーニング店で、防水スプレーを売り出した時。

   始めは、単に「防水スプレー ○○○円」というポップを作ったが、ほとんど売れず。

   そして、店主がお客様に対して買う理由を考える。

   「忘年会でビールをこぼさない自信ありますか?」
   このポップで、売上は10倍に!

   買う理由がないのは、情報不足。
   だから、情報提供をする。これも人の感性に焦点を合わせて。


田中社長、ありがとうございます!


上記の防水スプレーの場合、

「防水スプレー? そんなの必要?」
        ↓
「防水スプレー!?なるほど!それあると便利だわ!」
で売れたわけです。

「買う理由」ができた。「買う理由」に気づいた。


これをわが旅行業界に置き換えると、

「マニラ? う~ん、あまり興味ないね」
        ↓
「マニラ!? そんなに良いとこなの!? それは絶対に行かなきゃ!」

となるような情報をお客に与えてあげなければいけないわけですね。

「参加する理由」ができた。「参加する理由」にきづかせてあげる。


更に言うと、そこがそんなに素晴らしいところというのをこっちは知っているのにお客は知らない。

それをお客に教えてあげるのは旅行業者の義務。
教えてあげないのは旅行業者の罪、怠慢。

マニラの、バンコクの、ハワイの、モンゴルの、徳之島の、・・・。

それぞれの土地にはそれぞれの素晴らしさがある。

それをお客に伝える。情報を与える。

それが僕らの仕事なのでしょうね。



~~~~~

「女だけのマニラ 11/22出発!」 参加者募集中!




  


Posted by 平良 卓司 at 23:00Comments(5)サミット福岡の日々