我が社の目的、それは“旅行”というフィールドで社員全員が毎日楽しく生き生きと働ける場を提供すること。つまりは社員満足度120%! お客様を喜ばすことが社員の喜びに繋がる。 九州一親切な旅行会社を目指してブループラネットツアーは邁進し続けます。 生きること・仕事をすることの目的は“成長すること”と僕らは考えます。 価値観の合う仲間をたくさん増やして、ワイワイガヤガヤと旅行業界全体を巻き込む!

  

Posted by at

2007年12月30日

今年もありがとうございました!

最後までばたばたの1年でした。

会社の営業は28日(金)までだったのですが、年賀状ができてないので、昨日(29日)今日(30日)
と会社にでて1人シコシコと書いてました。

そして先ほどようやく書き終わり、今年最後のメールレターを出し終わって、このブログを書いて今年
の仕事は終わりです。


明日から2日まで父母の待つ別府へ。

元気な両親と今年も無事正月を迎えられる事に感謝です。

父は来年で80歳。母は74歳。
なんと来年は結婚50年。金婚式ですよ!びっくり!

夫婦2人では照れくさいのか(苦笑)、ふたりきりでは出たがらないので、うちと姉の家族の一族郎党
で来年は北海道あたりにでも旅行に行く話を持ちかけようと思います。


ところで、最後にこのサイトでよい言葉を見つけました。


曰く

  「環境を変えるより視点を変えるほうが簡単だと 気づく」
  *人がやらないことをやる
  *人がやらないときにやる
  *人が思いつかないようなことを思いつく


  「新しいアイデアは新しい視点から生まれる」


  「時代にあわせて脳の使い方を変える」
  *大きいことはいいことだ は昔のはなし
   「これからは会社の規模を大きくしようとする必要はない」
   「今の体制や人数のまま、粗利を上げること」を目標にする


  「成功者に共通する考え方は『プラス思考』」
  *自分に起こり得る全ての現象をプラスに考えることができる人間
  *失敗を「次の成功の為に必要な経験」と考える事ができる人間
  *損害を「貴重な経験を得るために払った授業料」と考える事ができる人間
  *「自分には無理だ。絶対にできない」と決めつけない人間
  *「どうすれば自分にもできるようになるか?」を考える事ができる人間
  *失敗を楽しむ事ができる人間
  *仕事も遊びも、すべてのことを楽しむ事ができる人間

  すべてのことが楽しいのだから、そこには「努力」という言葉は存在しない。
  つまり、努力しなくても成功できる のである。
  それが「プラス思考」の威力だ。



うーん、またまた刺激のある良い言葉をもらっちゃった。
プリントアウトしたので帰って読み直そう。

ユニクロ柳井さんの「一勝九敗」もまだ途中。
正月休みも色々と読み物があって嬉しい限り。

ありがたい、ありがたい。


皆様、良いお年をお迎え下さい!

かのチャップリンは「代表作はなんですか?」と聞かれて、「次回作です」と答えたというのは有名な
話です。これ結構すきなんです、僕。


来る2008年は過去最高の年にしましょう!!!


ありがとうございます!


  


Posted by 平良 卓司 at 13:22Comments(0)