我が社の目的、それは“旅行”というフィールドで社員全員が毎日楽しく生き生きと働ける場を提供すること。つまりは社員満足度120%! お客様を喜ばすことが社員の喜びに繋がる。 九州一親切な旅行会社を目指してブループラネットツアーは邁進し続けます。 生きること・仕事をすることの目的は“成長すること”と僕らは考えます。 価値観の合う仲間をたくさん増やして、ワイワイガヤガヤと旅行業界全体を巻き込む!

スポンサーサイト

  

Posted by スポンサー広告 at

2008年07月21日

成功の反対は?

「成功」の反対は「失敗」ではない。それは・・・


というのを最近ある本で読んでとても納得。

そのことをブログに書こうと思ったのですが、試しに「成功の反対」でググッてみると、同じ内容の
ブログがたくさんでてきました。(^^;
(これって意外に皆さん知ってるお話なんですね・・・)


まぁ自分が忘れないためにも書き記しときます。


「成功」の反対は「失敗」ではない。
「成功」の反対は「何もしないこと」


なるほど。でしょ?


僕はユニクロの柳井さんの本の題名でもある「1勝9敗」という言葉が好きです。

好きというか、自分で事業をやるようになってそのことを実感してます。
(僕なんかうまくいかないことの連続です。。。)



新しい試みがうまくいくかどうかなんて、やってみなければわからない。 
10個やって9個失敗でも全然オッケー。 1個成功すれば元は取れる。


ただし、取り返しのつかない失敗をしてはいけない。


新しい試みが失敗することによって「あぁ、このやり方ではうまくいかないんだ」と気づくことで
成功に一歩近づく。


そういう意味では失敗は成功の反対ではなく、成功への単なる過程に過ぎない。
もっと言えば、失敗は成功に含まれるものである。

ダメなのは、やってもムダだと最初からあきらめて「何もしないこと」。
何をやったらいいのか新しいアイデアが枯渇し、結局は「何もしないこと」。

そして、失敗から「何も学ばないこと」。


「あぁそれはやってもムダですよ」とか、「ほら、やっぱりダメだったでしょ」とか物知り顔で言う人
がいますが、何もしない人は失敗しないかわりに絶対に成功なんかしない。


動けば次の真実。


僕は評論家ではなく実業家なので動きます。


さぁ、今週もたくさん失敗して早く成功にたどり着こう!

  


Posted by 平良 卓司 at 09:23Comments(2)学び大好き!