我が社の目的、それは“旅行”というフィールドで社員全員が毎日楽しく生き生きと働ける場を提供すること。つまりは社員満足度120%! お客様を喜ばすことが社員の喜びに繋がる。 九州一親切な旅行会社を目指してブループラネットツアーは邁進し続けます。 生きること・仕事をすることの目的は“成長すること”と僕らは考えます。 価値観の合う仲間をたくさん増やして、ワイワイガヤガヤと旅行業界全体を巻き込む!

  

Posted by at

2010年02月27日

プレッシャーを味方にする

連日報道されてるオリンピックのニュース。

この日のために何年も練習を続けた本番。

見てるだけでもドキドキするのに、選手達のプレッシャーはどれほどのものか?
想像すらできません。


プレッシャーに押しつぶされる人がいる一方で、プレッシャーを上手に利用してる
人もいる。


ある本にこんなことが書いてました。

世界的に有名なシンガーがいた。

すごく人気があり、曲も大ヒットしていた。
が、ある日を境に二度と人前にでなくなった。

その理由は「ステージ恐怖症」

大きなステージに出ようとすると、心臓がバクバクして、足はがくがく。
体は硬直して不安になる。
「こんな苦しい思いはもうイヤだ!もう自信がない!」


かと思うと、別の有名なシンガー。
このシンガーは大きなステージを次々に成功している。

あなたはなぜ大きなステージで成功してるのですか?

「神が降りてきて『行け!』っていうんだよ!」

どうして神が降りてきたと分かるのですか?

「ステージに出ようとすると、心臓がバクバクして、足がガクガクして、震え
がきて、頭が真っ白になるんだ。
そうなると『神が来た!』ってわかるんだよ」

二人の体に起きていることはたぶんそれほど変わらないこと。

ある人はそれを「ステージ恐怖症」だと意味づけてチャンスを逃し、一方は
「神が降りてきた!」と意味づけてチャンスをものにする。


これって面白いと思いませんか?

考え方ひとつでこんなにも変わるものなのですね。

  


Posted by 平良 卓司 at 23:50Comments(0)学び大好き!