我が社の目的、それは“旅行”というフィールドで社員全員が毎日楽しく生き生きと働ける場を提供すること。つまりは社員満足度120%! お客様を喜ばすことが社員の喜びに繋がる。 九州一親切な旅行会社を目指してブループラネットツアーは邁進し続けます。 生きること・仕事をすることの目的は“成長すること”と僕らは考えます。 価値観の合う仲間をたくさん増やして、ワイワイガヤガヤと旅行業界全体を巻き込む!

2007年10月01日

おすすめの一冊

今月のお題。
「最近のおすすめの一冊!」

う~ん、最近読んだ本でもないし、他の方に特にお勧めするわけでもないですが、今まで読んだ本で
自分の人生観を変えた一冊を選べといわれたら、まずこれを選びます。



 生きがいの創造(飯田史彦著) 


この本は僕が4年前に病気を患い入院しているときに友人から薦められた本。
死を覚悟したその時、大いに生きる励みとなりました。



「人はなぜ生きるのか?」「人は死んだらどこへ行くのか?」

こういったことは自分が死を真剣に意識したときや、愛する人の死に直面したときに初めて考える
大命題。
逆に言えばそんなことでもない限りは考えない。



この本の趣旨である生まれ変わりについては賛否両論あるし、本当のところは誰にもわからない。

人それぞれの考えがあるので他人がどう考えようとそれでかまわないと思うし、持論を押し付けよう
なんてさらさらないけど少なくとも僕は生まれ変わりを信じるし、魂の存在を信じている。

「人はなぜ生きるのか?」という問いに対しては、「成長するため」という僕なりの答えを持っている。



「いやだけど仕方なく今の会社で働いている」 という人を見ると、ものすごくもったいない人生を送
っているなと思う。

それが会社を興すきっかけにもなっている。

病気をしなければこの本にも出逢わなかったと思うし、この本に出逢わなければ今のような形で会社
を興す事もなかったと思う。
ある意味この本に出逢うため、生きることの意味を真剣に考えるために病気になったのだと、今では
病気に感謝している。

いいこと、わるいこと、すべては必然。


限りある生を精一杯、そして楽しく生きましょう!



最後に筆者のことばを。

  《「死後の生命」や「生まれ変わり」について、「絶対に認めないぞ」とお思いの方は、どうぞ、
   きらびやかなファンタジーとしてお楽しみください。

   認めることに「迷い」を感じていらっしゃる方は、どうぞ、わくわくしながら、ページを開いて
   ください。

   すでに深く信じていらっしゃる方は、どうぞ、大いにうなずきながら、確かめるようにお読み
   ください》




同じカテゴリー(本のご紹介)の記事画像
正しい努力
最強組織をつくる究極の飲み会
最近読んだ本 ワイルド・ソウル
朝食を抜いたら
泣けるプロレス
舟を編む
同じカテゴリー(本のご紹介)の記事
 正しい努力 (2015-09-23 11:16)
 最強組織をつくる究極の飲み会 (2015-04-29 11:22)
 最近読んだ本 ワイルド・ソウル (2015-01-10 16:51)
 朝食を抜いたら (2014-07-20 09:28)
 泣けるプロレス (2012-12-05 09:05)
 舟を編む (2012-09-10 16:29)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。